保険は価格と保証のバランスが大事

 

自動車保険を比較見積もりする時に

 

主に気をつけて確認比較する所が有ります。

 

このポイントは外さないようにしましょう!


 

 

先ずは保証内容外してはいけない設定。

 

 

先ずは保証内容ですけれども、これだけは入れて下さい。

 

対人保証・対物保証は無制限に!

 

対人保証だけは、無制限に設定していても、対物保証は2000万で良いんじゃ無いのと思った人

 

 

危険です!

 

  • 「もし相手が高級車だったら?」
  •  

  • 「電子掲示板の値段って知っていますか?」

 

それらを壊してしまったら保険だけでは賄えません。

 

対人対物保証は無制限で自動車保険は比較見積もりして下さい。

 

プラス車両保険やオプションは任意で決めていいです。

 

 

安すぎる保険料でも保証設定が同じならOK!

 

 

価格が安い所はそれなりに理由が有ります。

 

そのポイントはサービスと事故時のサポート体勢です。

 

当たりまえですね。

 

値段相応、高いには高い安いには安いの理由が有ります。

 

そこを踏まえて自動車保険は比較見積を見て下さい。

 

特にロードサービスの設定や、弁護士特約の部分が代表的ですね。

 

価格とサービスの内容。

 

一言で高い保険と安い保険の違いを比較しますと!

 

安い保険は事故した時は自分で動ける部分は自分で動く

 

高い保険は丸投げ出来る

 

これくらいの違いです。

 

保証内容はどちらも変わりませんから安心して下さい。

 

自分がどちらが良いのか選んで良いでしょう。

 

例えますと、自賠責保険。

 

事故を起こした時には先ずは自賠責保険の保証から適用させます。

 

この自賠責保険、任意保険とは別の保険です。

 

このような手続きも自分でやらなくてはいけないのですね。

 

更新履歴